WordPressで個別記事ページのh1タグを条件分岐変更する 美川の山里暮らし

還暦を過ぎ、岡山県南西部の山間地で文明の利器を活用しながら田舎生活を満喫したいと思っています 日本蜜蜂の扇風行動の写真

WordPressで個別記事ページのh1タグを条件分岐変更する

Filed under: WordPress — タグ: , — daii @ 8:14 PM
2010年6月19日

WordPress初期設定でのh1,h2タグ

WordPressの初期設定では「ブログの名前」がh1タグに指定されており、「ブログの説明文」は見出しには指定されていません。そして、「個別記事のタイトル」がh2タグになっているのが普通です。これではSEOに有効とは言えません。

個別記事のh1タグに「個別記事のタイトル」を指定してみました

私はこれを個別記事以外はindex.phpを使って、h1タグに「ブログの説明文」を、h2タグに「個別記事のタイトル」を指定して、記事内部にh3タグ以下を指定していました。

個別記事では、h1タグに「個別記事のタイトル」を、h2タグには何も指定せず、記事内部にh3タグ以下を指定していました。これは個別記事にsingle.phpを使って実現していました。個別記事でh2タグを使わず飛ばしてh3タグになっていたのが気になっていました。

個別記事だけを指定するis_single()を使って条件分岐させました

今回これを、single.phpを使わず、header.phpだけを変更して、h1タグを条件分岐して変更する方法にしました。

最終的に、個別記事以外は、h1タグに「ブログの名前」+「ブログの説明文」を指定して、個別記事では、h1 タグに「個別記事のタイトル」+「ブログの名前」を指定しました。h2タグに「個別記事のタイトル」を指定して、記事内部にh3タグ以下を指定するのは従来通りです。これならSEOにはかなり有利なはずです。

条件分岐には

<?php if(is_single()): ?>

という個別記事だけを指定するis_single()というものを使いました。実際のスクリプトは次の通りです。

<h1>
<?php if(is_single()): ?>
<span class="storytitle_s"><?php the_title(); ?></span>
<span id="header_s"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/"><?php bloginfo('name'); ?></a></span>
<?php else: ?>
<span id="header"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>/"><?php bloginfo('name'); ?></a></span>
<span class="description"><?php bloginfo('description') ?></span>
<?php endif; ?>
</h1>

ここで、h1タグの中にはブロック要素のdivタグを使うことができないので、インライン要素のspanタグを使ってブロック表示をさせています。single.phpは必要なく、とてもスマートにできました。表示がかなり乱れますのでスタイルシートで調整します。

classの表示が一部抜けている場合があります。上記のスクリプトは参考程度にしてください。ご了承ください。

スポンサーリンク

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress